オープン祝い花の相場

オープン祝い花

店舗の開店や美容院のオープン祝い、開業祝いには華やかでおしゃれな花が喜ばれています。

 

でも、オープン祝いに喜ばれるような「おしゃれな花」と言っても、どこの花屋で注文すればいいのかわかりませんよね。

 

また、値段はどのくらいの予算で考えておけばいいのか、花の種類、届けるタイミングなど、わからないことが多いのではないでしょうか。

 

自分の体験をもとに、オープン祝いの花を贈るときに利用して安心だった花屋の情報を公開しています。
日本全国にオープン祝いの花が最短当日に送れて、おしゃれな花がリーズナブルに贈れます。

 

この花屋は芸能人も利用するほど有名な花屋ですが、注文を通販で受付けていますので、誰でも利用できます。
ネット申し込み特典として、総額の3%割引と無料の会員登録をするだけで初回から使える500円割引が受けられます。

 

オープン祝いに送る花の相場

ではまず、オープン祝花の相場はどのくらいなのでしょうか。
贈る相手によって相場は変わってきますが、顧客向けなら相場よりも高く、下請けの取引先ならやや低くと考えるのが良いでしょう。

 

顧客向け
3万円〜5万円

 

取引先向け
1万円〜3万円

 

友人、身内向け
2万円〜5万円

 

花の種類によっては最低金額というのがありますが、相場を考えたときはこの金額と同等以上であれば安心かと思います。

 

ここで紹介する花屋を利用すれば、通常15000円のスタンド花や胡蝶蘭が1万円で贈れます。
値段は安くても見栄えは値段異常なので安心して注文できます。

 

オープン祝いに人気の花の種類としては、スタンド花やフラワーアレンジなどの華やかな切り花、または、胡蝶蘭や観葉植物といった鉢植えが定番の贈り物です。

 

オープン祝いの胡蝶蘭とスタンド花

 

気温の高い時期は日持ちの良い胡蝶蘭が長持ちするので喜ばれますし、涼しい時期なら大きなスタンド花が宣伝効果があるので喜ばれます。
ただ、お店のオープンを宣伝する効果も兼ねるなら、大きなサイズのスタンド花が贈って喜ばれる花ギフトです。

 

大きさ重視:スタンド花(値段1万円〜)
日持ち重視:胡蝶蘭(値段1万円〜)

 

開店祝いといっても、業種によってふさわしい花の種類が変わりますが、基本的にはその場が華やかな雰囲気になるような花を贈るのがおすすめです。

 

オープン祝いに人気のお花ランキング

 

1位


人気No1!スタンド花



2位


人気No2!胡蝶蘭



3位


人気No3!アレンジメント

 

花に関しては、先方の規模などによって決めるのが良いのですが、不明な場合は鉢植えの胡蝶蘭などがおすすめです。

 

スタンド花は大きいので店舗前にあると宣伝効果もあります。でも、スペースがない場合は困らせてしまう場合があります。
その点、胡蝶蘭やアレンジメントであれば飾るスペースが小さくて済みます。
飾る場所も先方様が決められますので喜ばれます。

 

オープンを盛り上げてくれる花として最も人気なのがスタンドフラワー、次いで胡蝶蘭やフラワーアレンジが評判です。

 

 

フラワーギフトが喜ばれる理由は、見た目が豪華で目立つことだけでなく、インパクトがあることです。
オープン花の特徴として、鮮やかで綺麗な色の仕上がりに人気が集まっていますので、明るい色の商品を選ぶのが喜ばれるコツです。

 

花を送ることでお祝いの気持ちを届けてくれます。
大事な開店祝いの演出に最適なのが『祝花』です。

 

飲食店などの開店祝いに、オープン花を贈ることが先方にも喜ばれます。
花がお店の前に飾ってあることで周囲の注目を集めてくれる効果があるからです。

 

新規オープン祝い用のお花として他のおすすめは、人気ランキング2位の胡蝶蘭になります。
幸運の花として花言葉もあるのでオープン祝いに人気があります。長持ちすることでも有名ですね。

 


胡蝶蘭一覧

 

オープン祝いのメッセージや立札

オープン祝いの花にはメッセージが書かれた札を贈答用の『のし』として花に付けることが慣習となっています。
祝字の内容は、用途や種類によって決まってきますが、わからない場合は一般的な形の「御祝」、「祝オープン」とするのが無難です。

 

オープン花の札には「開店するお店の名前」と「差出人の名前」を書くのが一般的です。
差出人の名前だけでも失礼には当たりません。

 

祝開店
○○ストア様
□□会社よ

 

開店祝いにおすすめのスタンド花

開店祝いはお店の店頭を華やかに飾ってオープンを祝福するスタンド花が贈られるのが一般的です。
開店祝いに贈られるスタンド花には、生花が1段になっているものと、上下2段のものがよく知られていますが、最近ではバルーンやキャラクターなどの装飾が付いたデザインのものも登場しています。

 

スタンドが2台連なったものやバルーン付きのものは華やかで目立つので、お店の宣伝にも貢献します。
しかしスタンド花を飾るスペースが限られている場合やフォーマルな印象を強めたい場合は、胡蝶蘭の鉢植えを贈るのもおすすめです。

 

大きくて華やかなスタンド花が喜ばれています

開店祝いのスタンド花はなるべく華やかなものがおすすめですが、お店の業態や雰囲気などに合わせて白を基調にしたもの、ピンクを基調にしたもの、バラを使ったゴージャスなものなどアレンジにも気を配りましよう。

 


スタンド花一覧

 

スタンド花のデザインはおおよそのイメージを伝えて、予算内で少しでも華やかに見えるようプロのスタッフにアレンジメントしてもらうのがおすすめです。

 

インターネットショップでは注文したスタンド花を、写真撮影してメールで送ってくれるサービスを行っているところもあるので、そのようなショップを選ぶと事前にどのような花が贈られるのかがわかるので安心です。
開店のお祝いですから、立札の文字にミスはないかをしっかりと確認して、確実にオープン日に届くように手配をすることが大切です。
できれば事前にお店を見に行って、花を置くスペースがどのくらいあるのかを確認しておくと安心です。

 

オープン花の注文方法

発注方法としてお勧めなのは、商品を比べて検討しながら注文出来るネット通販が便利です。
決済も画面上でできるので注文完了まで数分程度で手配できます。

 

花屋までわざわざ注文しに出向かなくていいので、とても便利に利用できます。

 

お祝いスタンド花などの届け日については、オープン当日中に届くようにすることが良いようです。
予め手配する日を予約しておけば日付や時間指定が可能ですが、急いで手配したいときなどは即日配送が可能な業者もあるので役に立ちます。

 

 

オープン祝いの花が安くておすすめの花屋

オープン祝いにおすすめの花屋では、通常15000円の開店スタンド花が、花業界で最安値の1万円で手配できます。
届けられる配送エリアは、都内23区・大阪市で最短で当日配達してくれます。
スタンド1段花であれば全国発送も出来ます。

 

参考までに、新規オープンの花として失敗のない金額としては、最低1万円以上、出来れば2万円ほどなら問題ないようです。
金額は先方とのお付き合いによって変わるというのが普通と思いますが、他社に負けたくないなら税別で3万円以上のものであれば他社に負けない花が届きます。

 

高額の祝花で喜ばれる鉢植えの胡蝶蘭ですが、用途によっては高くて予算が合わない場合があります。
そういう時には、最安値の一万円で買える胡蝶蘭の3本立ちが、通販ショップで簡単に手配できます。

 

例えば、花キューピットなどは最低価格が15000円。
仕上がりは花屋にお任せになるのでどんな花が届くかわかりません。

 

ボリューム重視、安い金額で頼みたくても難しいのが現状です。

 

価格の違いによって胡蝶蘭の本数は変わってきますが、ここで紹介している安い花屋を利用すれば、3本立ちなら1万円、 5本立ちは3万円で手配することが可能になっています。

 

>>豪華で安いオープン花が贈れる花屋

オープン祝いに送る花は花屋の選び方が大切です

オープン祝いで贈ることの多い胡蝶蘭は他にもさまざまなお祝いのシーンで贈られることが多い花となっています。

 

インターネットの通販サイトなどには胡蝶蘭を専門的に取り扱っているところも多く、お祝い用で購入することができるのでシーンに応じてラッピングしてもらえるところもあります。
せっかく贈るのであればビジネスが絡んでいても純粋に喜んで欲しいものですが、そのためにも開店祝いで贈るスタンド花や胡蝶蘭を取り扱っているところのアレンジメント技術はお店選びで選ぶポイントの一つになってきます。

 

フラワーアレンジメントの技術は素人だとなかなかわからない部分もあるので、いきなりアレンジメント技術が高いところを選んで購入するように言われても、どこを選んだらいいのかわからないのが実際のところです。

 

これについてもインターネット上にある口コミサイトなどを参考にすることがおすすめですが、ランキングサイトなども多く開設されているのでアレンジメント技術に主軸を置いている花屋の通販サイトを利用するとよいでしょう。
また、オープン祝いはスタンド花だけでなくオフィスやお店の状況によっては胡蝶蘭の方が喜んでもらえる場合もあるのでどちらが良いかは事前に選定しておくようにしましょう。

 

実際にアレンジメントされているものを見るのであれば実店舗があるお花さんに足を運んでみることをおすすめしますが、全体的な相場などの情報についても店員にアドバイスを受けることができます。

開店祝いで避けた方がいい花の色は?

オープン祝いの贈り物で花を送る場合は、火事を連想させるものは避けるのがマナーです。
また、花言葉にも気を付けル必要がありますので、よくわからないときは指定などはせず、花屋にまかせるのが安心です。

 

開店祝いで一般的なのが花です。
胡蝶蘭やスタンド花など、新しいお店のスタートを美しく華やかに彩って門出を祝います。
しかし、花なら何を贈ってもいいというわけではありません。
花の色や花の種類など、開店祝いでは避けた方がよい花もあります。

 

オープン祝いの花

 

花にはそれぞれ、花言葉があります。
例えば胡蝶蘭の花言葉は、「幸せが飛んでくる」です。
これは開店祝いにぴったりのメッセージとなります。
しかし反対に、花言葉が不吉なものであった場合は、お祝いにはふさわしいとはいえません。

 

たとえば、丸くて可愛らしいアリウムという花がありますが、花言葉は「無限の悲しみ」。
黄色いバラは「嫉妬」、黄色いカーネーションは「軽蔑」です。

 

このような花言葉をもつ花は避けたほうが無難です。

 

また菊や白百合なども仏事やお葬式を連想させせるので、指定しないように注意しましょう。
和風の仕上がりをイメージしているときはまかせるのが安心です。

 

オープン祝いに贈るのを避けるほうが無難な花の色は?

花の色にもタブーがあります。男性から送られて女性が最も喜ぶのが、赤いバラの花束ではないでしょうか。
非常に美しく高貴な花ですが、実は開店祝いに避けたほうが無難な場合もあります。

 

なぜなら、開店祝いや開業祝いなどでは、火事を連想させる花の色はタブーとされているからです。
バラだけでなく、他の花でも赤を基調としたアレンジメントは、先方からのリクエストやテーマカラーではないときは、できれば避けるようにしましょう。

 

オープン祝いの赤い花

 

差し色に赤いバラを使う程度ならまったく差し支えありませんが、ぱっと見て赤いなと思われるようなデザインの場合は、相手の気分を害してしまうことがあります。

 

但し、中華のお店などは赤をお祝いに好んで使うことが一般的です。
用途と相手に合わせた花を手配するようにして下さい。

 

 

オープン花に関するお役立ちサイト



>オープン祝いに人気のスタンド花【業界最安値】<